FC2ブログ

2018年04月

        

行って来ました!おんせん県!!第7章

category - 混浴温泉
2018/ 04/ 08
                 
食事も終えていよいよ天ヶ瀬温泉、夜の露天風呂巡りです。

P7301384.jpg

旅館を出て最初に向かうのは、一番近くにある益次郎温泉。

DSC_2117_convert_20180113200841.jpg

ただこちらは時間制限があるみたいで、もうお風呂のお湯を抜いている最中でした。
なので急いで入浴。

P7301402.jpg

P7301403.jpg

辛うじて底の方に残っている状態。

DSC_2116_convert_20180113200822.jpg

直ぐに空になってしまいました。

P7301404.jpg

P7301405.jpg

外から見るとこんな感じです。
残念ながら堪能というところまではいけませんでしたね


続いては川を越えた反対側にある薬師湯へ。

P7301386.jpg

DSC_2119_convert_20180113200909.jpg

P7301397.jpg

河原沿いには昔ながらの郵便ポストも。
昭和を感じますね。
足湯もありましたよ。

P7301414.jpg

DSC_2120_convert_20180113200931.jpg

P7301420.jpg

夜なので肉眼で見ると実際はこんな感じかな
何分カメラも安物、腕前も素人なのでご容赦下さい。

P7301411.jpg

P7301417.jpg

こちらも時間指定はあるみたいですが、お湯は残っていました。
なのでゆっくりと堪能出来ましたよ


次に向かったのが神田湯。

P7301426.jpg

平日で夜も遅かったせいか人通りは全く無かったですね。

DSC_2123_convert_20180113201038.jpg

ここが一番川に近い場所にありました。
目隠しも脱衣所も何もないので、昼間だと丸見えでしょうね。
我々にはそんなの関係ありませんが。

P7301428.jpg

P7301431.jpg

P7301432.jpg

その分、開放感も1番です

P7301427.jpg

上から見るとこんな感じです。
ここはお風呂の横の河原の部分。
コンクリートになっているんですが、ここが地熱のせいか温かくて床暖房のような状態でした。
なので暫くみんなで寝転がっていました。
周りには誰一人いませんからね。

さて夜も更けて来たので、そろそろ宿に戻りましょう。
朝も早かったですからね。
それでは明日のメイン・イベントに備えてお休みなさい
            
スポンサーサイト
[PR]